コロコロのアート 見て歩記&調べ歩記

美術鑑賞を通して感じたこと、考えたこと、調べたことを、過去と繋げて追記したりして変化を楽しむブログ 一枚の絵を深堀したり・・・ 

■足立美術館へのアクセス 出雲大社と合わせた島根旅のプランニング 首都圏からはどう行く? 

アメリカの日本庭園専門誌が、日本一と16年に渡って選んだ庭を持つ足立美術館。一度は行ってみたいと思いながら、やっと実現。首都圏からどのように行ったらよいのか、あれこれ検討したプロセスとポイント情報を紹介します。

f:id:korokoroblog:20190903221407p:plain

 

 

 

足立美術館へのルート

f:id:korokoroblog:20190904202717p:plain

足立美術館の名は耳にするものの、それがどこにあり、どうやって行ったらいいのか、右も左もわかりませんでした。わかっているのは、島根県にあることだけ。

交通手段は、飛行機? 利用する空港はどこ? そこは県のどのあたり? 空港から美術館へはどれくらい? 新幹線でもいくことができるのかしら? すべてがわからない0からのスタートです。

そしてせっかく足を延ばすのですから、足立美術館だけではなく周辺の見どころにも立ち寄りたいところ。美術鑑賞をする方なら、夕日が見えることでも有名な島根県立美術館にも行ってみたいところです。

f:id:korokoroblog:20190903140447p:plain
f:id:korokoroblog:20190903221518p:plain

 

野外彫刻⇒島根県立美術館|観光コンシェルジュ

 

まずは、島根にはどんな観光スポットがあるのか洗い出して、その中から行きたいところをピックアップしました。それによって、どのように回り、何泊ぐらいすればよいのかを検討しました。

f:id:korokoroblog:20190903221718p:plain
f:id:korokoroblog:20190903221811p:plain
f:id:korokoroblog:20190903221913p:plain
f:id:korokoroblog:20190903222321p:plain

どこに何があるのかを一つ一つ手探りしながらのスタート。行程を決めるまでに調べたり検討したことを、覚え書きを兼ねて残しておこうと思います。今後、再訪するときの参考に、また、何もわからずにこれから行こうと思っている方にも参考になればと思います。

 

 

■近隣の見どころは?

島根県観光・名物情報

足立美術館を有する島根県には、どんな見どころスポットがあるのでしょうか?また、空港の位置は、どのあたりでしょう?島根県の見どころをまとめた旅行会社の地図が参考になりました。

島根県観光MAP・名物情報

見どころ・名産・温泉情報|出雲大社ツアー・旅行特集|クラブツーリズム

*地図の全体が表示されないので、上記のリンクを開くと、詳細がわかります。 

こちらはクラブツーリズムのサイトから引用させていただいております。クラブツーリズムは、ちょっとディープなプランがそろっており、美術館関連のツアーなども充実しています。

どこをどのように回るかなど、ツアープランの行程も参考になります。

 

島根県の見どころは、主に次のようなエリアとなるようです。  

 〇松江エリア:松江城 宍道湖
 〇出雲エリア:出雲大社 稲佐の浜 日御碕
 〇安来エリア:足立美術館

 

ちょっと足を延ばすと世界遺産石見銀山、お隣の鳥取には有名な砂丘にも足を延ばせます。・

 〇鳥取エリア:皆生温泉 境港 鳥取砂丘
 〇石見銀山エリア

 

  

■ツアーでいく? / フリーで行く?

〇パッケージツアー 

最近では、足立美術館を目的地としたツアーをいろいろ目にします。クラブツーリズムでは、各種訪問地と組み合わせたプランが企画されています。
美術館の滞在も120分と長くとられています。各社、多彩なプランが用意されており、3時間~4時間、滞在するプランもあります。中には、関西方面からスタートして、美術館だけをじっくり堪能、日帰り5時間といったタイプもあるそうです。

その他にも、アクセスが難しいスポットを組み合わせて回るものなど、個々の好みに応じて選ぶことができます。

今回は、足立美術館を第一目的にしているので、2時間ではちょっと物足りないと思いました。自由に回れるフリーのツアーで訪れて、ゆっくりと見たいだけ留まっていたいと思いました。

 

〇直前割引 タイムセール WEB限定を狙って…

今年の夏休みの計画、行先がなかなか決まりませんでした。申込をしたのが出発の7日前。

出発間際になると、お得な「直前割引きプラン」が狙えます。もし直前割引のお得感が、非常に大きいプランがあれば、ツアーという選択も考えました。

ところが、北海道のような人気エリアではないためか、タイムセールや、直前割引はありません。またWEB限定の格安プランの中にも、島根はみあたらないようでした。

もしかすると、早めに計画をしていれば早期割引もあったのかもしれません。しかし、これから提供されるプランの中に、早割がないので、地域的に設定がされていないのかもしれません。

 

〇フリープランのツアーを利用

現地でゲットした情報をたよりに大幅に予定変更したり、気に入った場所があれば、一所で、ボーっと心行くまで留まったり。あるいは、思いがけず、穴場をみつけたりというのは旅の醍醐味でもあります。その日の気分で、行きたいところに、いたいだけ滞在する気ままな旅行が理想。

予定をガチガチに決めず、いつでも変更できる流動的なスケジュールにしておくと、思いがけない出会いが生まれます。掘り出し物を手探りで見つける感覚で、旅をより楽しめます。

とは言っても遠出の旅は、頻繁には出かけることができません。あとになって、もうちょっと足を延ばしていれば…という後悔はできれば避けたいもの。また交通の便が少ないので、移動が制限されます。

気分は、ゆったりのんびり。でも、最終リミットや、乗り過ごせない便などはしっかりおさえてはずさないよう、事前の情報収集も、可能な範囲で行っておきたいところです。

 

〇鉄道・航空会社のフリーパックツアーを第一選択候補

そんな旅行に重宝するのが、新幹線や飛行機と宿がパックになったフリープランです。いろいろな旅行会社から出ていますが、よく利用するのは、JRや航空会社が出しているフリープランです。

その理由は、主要交通機関が出しているパックなので、移動運賃の割引を自社設定できます。そのため、割引率が高いだろうと思うからです。また旅行会社分のマージンを抑えることができるといったメリットがありそうです。遠出の旅行は、鉄道・航空会社が提供するフリーパックツアーを中心に計画を立てています。

 

 

■新幹線で行く? / 飛行機でいく?

〇新幹線のフリープラン(新幹線+宿 お得なセットプラン)

よく利用するのが、JR東海ツアーズが出している「JR+宿」のシンプルなプラン。往復の新幹線と1泊で、新幹線の往復料金よりも安い設定がされていることがほとんど。

利用条件はありますが、よりお得な価格設定がされている50+ フィフティプラスラブなどもあります。ちなみに、「首都圏ー島根」の設定はこちらには、ありませんでした。

島根のプランは、岡山から乗り換えとなるためか、新幹線の設定はほとんど見かけませんでした。 (⇒JR東海が提供するツアーなので、降車駅がJR西日本管内となるため、扱わないらしいです)

 

〇飛行機のフリープラン

飛行機のフリープランは、下記がよく知られているところでしょうか?

ANA⇒「旅作」「スカイホリデー

JAL⇒「ダイナミックパッケージ」「J-TRIP

・旅行会社→「スカイツアーズ」・・・・今回みつけた旅行会社

 

寝台列車利用 サンライズ出雲 

そして、もう一つ、夜行寝台特急を利用という、ちょっとマニアックな手段があります。最後の寝台特急となった「サンライズ出雲」を利用すると、出雲市駅に9:58着となります。このプランだと午前中、フルに時間が活用できます。⇒*1

 

 

■空港はどこを利用する?

出雲空港? / 米子空港

 足立美術館行くのに便利なのは、米子空港からのルートです。ただ、出雲大社などを観光をしてから、足立美術館という行程もあり、その場合は、出雲空港を利用することになります。

ところで、米子空港出雲空港は、乗り入れている航空会社が違うので注意が必要です。 

 

ANA利用? / JAL利用?

よく利用する航空会社は、ANA? JAL? マイレージをためるのはどちらが中心?中には、上級会員という方もいらっしゃるかもしれません。航空会社の好みや相性もあり、大抵はいずれかの御贔屓にしている航空会社があるのではないでしょうか?マイルをためることを優先すると、必然的に利用する空港が決まってしまいます。

 ・ANA派・・・・米子空港
 ・JAL派・・・・出雲空港

こだわりがなければ、行きと帰りの航空会社を変えて、米子、出雲の両方の空港を利用すると、よりフレキシブルな行程を組むこともできます。

 

【条件つきフライトの可能性を考慮】

JAL出雲空港は、濃霧が発生しやすく、別の空港や出発地に戻る可能性のある条件つきフライトの発生頻度が高いのだそう。

参考:『出雲空港か米子空港かで迷ってます。』
ロッタさんの出雲空港(出雲縁結び空港)に関する質問・掲示板
【フォートラベル】| 湯ノ川温泉・斐川

空港会社の好みもあると思われますが、旅のルートや目的に合わせて選択するのがよさそうです。

 

 

〇航空会社による宿泊地の制限ANAJALの宿泊地は、空港周辺の宿が中心だと理解していました。両航空会社ともに自由に選べます。出発直前になると選べる宿が限定されるので注意。

〇座席指定ANAJALともに座席指定可能。WEB予約後、シートマップから指定します。電話予約の場合、ANAスカイツアーズでは、シート選択をどうするか毎回、聞いてくれますが、基本ルールは自己申告が必要であることを今回、知りました。聞いてくれなかった…は通用しないので注意。(⇒これは、今回利用したANAスカイツアーズの話)

〇レンタカーオプションANAJALともにレンタカーのオプションがつけられます。

〇特典の違い: ANAとJALのフリープランで大きく違うのは、ANAのスカイツアーズで、お得な選べる特典付プランをみつけたこと。特に、パーフェクトチケットの特典は、旅行計画や、移動の交通費に大きな影響を与えるほどの有益な特典です。(⇒■縁結びパーフェクトチケット:松江・出雲・米子の旅の必需品

 

■飛行機の座席指定について ⇒移動

 

■飛行機の座席指定について

 

 

 

 

■フリープランのツアー比較

主要なフリープランのツアーを比較してみました。設定条件は下記のとおりです。

出発日:8月末 9月初・・・
ルート:[飛行機] 米子-羽田往復 始発便 最終便
    [新幹線] 首都圏―岡山ー松江 往復

宿 泊:松江 ビジネスホテル ホテル 2泊3日
人 数:2名

*プランの比較は、予約決定後に行ったものです。申込が出発日のリミットぎりぎりだったため、翌日には、同日の出発設定で比較が行えませんでした。ツアー代金の目安の把握として比較しました。あくまで参考値です。

 

〇レール&宿泊(2名2泊)

「新幹線+宿泊」のプランは、「JR東海ツアーズ」の他に「近畿日本ツーリスト」でも出していました。

JR東海ツアーズ・・・・・・・・・・・・・・・・・・81,600円   ⇒*2
*赤い風船(近ツー)・・・・・・・・・‥・・  75,400円   ⇒*3

 

〇フライト&宿泊(2名2泊) 

ANA旅作・・・・・・・・‥‥‥‥‥‥・・・127,000円   ⇒*4
ANAスカイツアーズ・・・・・・・‥‥・ 73,000円   ⇒*5 
J-TRIP・・・・・・・・・・‥‥‥‥・・・・・・・ 82,000円    ⇒*6
* JALダイナミックパッケージ・・114,200円 *7

新幹線も飛行機も金額的にはあまり変わらないことが判明。当初は新幹線がかなり割安だと思っていたので、新幹線を考えていましたが、これなら、時間の節約もできるので、飛行機を選択しました。

ツアー別の比較は、出発日の設定も異なり、宿泊ホテルも同条件ではありません。飛行機の便も満席で割増の大きい便しか選べないないことなどを加味すると、そのまま比較ができません。諸条件を考えると、ほぼ同じように感じられます。

 
 

〇フリープランのツアー同条件で比較(追記:2019.10.11)⇒移動

 

〇【知っトク情報 格安プランのしくみ】⇒移動

■格安プランのしくみ(2019.09.03)

 
 

 

〇旅行選びは何を基準に選ぶ? ⇒移動

  

■泊まるのはどこ?

足立美術館と周辺を観光する場合の宿泊場所の候補は3か所。

 〇米子 
 〇松江 
 〇出雲

あるいはその他周辺の温泉 

 〇玉造温泉

 

〇松江をベースに 

宿泊は2泊3日に決定。横長の島根を行き来するには、中央の「松江」あたりを拠点にして移動をすると便利だと判断しました。島根の県庁所在地であり、交通網もここを中心にバスや電車が全域に伸びています。

玉造温泉も位置的には中央部ですが、交通の便がかなり少ないようです。松江なら出雲や、境港に行って戻ったとしても、また他地域へ向かうアクセスは、よいと思われました。

 

〇航空会社による宿泊地の制限はある?

ANA便のフリーツアーの宿は、米子・松江近隣が宿泊地に設定されており、JAL便は出雲近隣が中心に設定されていると勘違いをしていました。両航空会社ともに自由に選ぶことができます。出発直前の予約だったため、泊まれる宿が限定されてしまい、JALのツアーでは、松江近辺の宿を選べないと理解してしまいました。早めに予約をすれば、希望の地域が選べます。

 

〇「出雲泊」「米子泊」にすると

出雲宿泊: 出雲大社 ⇒石見銀山   萩空港から帰路
米子宿泊: 堺港 ゲゲゲの鬼太郎 (鳥取砂丘

東京から出雲空港に入り出雲大社へ、そして石見銀山に回って足立美術館を鑑賞。境港まで足を伸ばし水木しげるゲゲゲの鬼太郎の妖怪ロ-ドを楽しんダリ、鳥取砂丘まで足を延ばして、米子鬼太郎空港から東京に戻るという行程も可能です。石見銀山世界遺産ですので是非立ち寄りたいところでもあります。

 

 

■何泊する?

〇3泊すれば行先は広がる 

3泊すると、回れる範囲が格段に広がります。世界遺産石見銀山鳥取砂丘などへも足を延ばすことができるようになります。

ただ、一度にいろいろなところを回ると、キャパシティーオーバーになりそうです。また訪問する場所を残しておき、次の機会に訪れるのをお楽しみにすることにしました。

 

〇同じ宿に連泊する? / 違う宿にする?

同じ宿に連泊するか、同じ宿泊地で、違う宿にするか。

昔なら、いろいろな宿を体験してみたいという気持ちが大きかったので、わざわざ宿泊地を変えたりもしましたが・・・・

朝、移動のための荷造りに要する手間と時間、そして観光するために、預けるロッカーを探し、もしくは次の宿に荷物を預かってもらう時間などを考えると、連泊で楽をしたいという気持ちの方が強くなりました。

 

〇違う宿も選べるフリープラン

フリープランでは、宿泊地を変えることもできます。また、同じ宿泊地でも、違う宿にすることも可能です。1泊は豪勢に、2泊目は、質素に倹約という使い方もできます。

そして、2人で行く場合、一人が先に帰り、もう一人は一泊追加・・・・という選択もできるので(←ANAの旅作の場合、JALはNGでした)、非常にフレキシブルな選択ができます。

 

〇羽田に前泊

急遽、羽田に前泊することにしました。というのも、羽田6:50出発。 1時間前に到着しようとすると、始発でも間に合いません。羽田空港行きのバスターミナルまでタクシーです。ところが、タクシーの予約ができなくなりました。

始発に合わせた時間帯というのは、タクシー需要が多く、電話もつながりにくく配車もなかなかできない状況になります。作年は、スーツケースを引っ張って、最寄り駅まで走るという苦い経験をしました。

そんなのはもういやだ・・・・ということで、安いホテルに泊まることに。(このホテル選びも、いろいろあって面白かったのですが・・・・) 早朝のタクシーを利用したと考えて、予算は2人で1万円以内。いろいろ探したのですが、東横イン第二が空いておりそこにしました。

私はてっきり、第二ターミナル近くだと思っていたので、朝があわただしくなく、なかなかよい選択だと思っていました。ところが、当日になって、大鳥居駅であることが判明。空港から離れていることがわかりました。

始発の飛行機にも間に合うように4時台からバスが、ホテル前から出ています。宿から空港までは、10~20分(交通事情によります。早朝は朝は10分で第二ターミナルに到着)とても便利です。羽田前泊という行程もありだと思いました。

 

〇一泊前倒しで前乗りという選択も

同じ前泊するなら、前乗してしまうという選択もあると戻ってきてから思いつきました。旅行会社が追加料金なしで提供している便の中で、一番早い便を利用します。

あさイチで出発するためにかかる、タクシー代や前泊代、飲食代など、もろもろの費用を、現地の前泊代に充当すると考えます。

試算してみたところ、14時台の加算のない出発便を利用して前泊しても、トータルの出費はあまりかわりませんでした。また、宿も1人宿泊でも、2人でもトータルで一人分を比較すると、それほど変わらないこともわかりました。

 

11月末で同一条件で比較してみました(2019.10.10追記)

  飛行機   宿泊  
  往路 復路 1人 1泊分 2人 2人  
種類 3便 最終便 宿泊料金 TW  
1泊 12:30 20:40 32,200   31,100 31,900  
2泊 12:30 20:40 38,400 6,200 37,000 38,600 6,700
3拍 12:30 20:40 45,100 6,700 42,800 45,200 6,600
算額 1000+ 2000+ 1200円+   2100円+ 2900円+  

10月の消費税アップにより、加算額0の便がなくなってしまったようです。

 

1人宿泊で、飛行機、宿を同条件で、「2泊」と「3泊」の料金を比較したところ、差額は、6700円でした。これなら、羽田で前泊するよりも安く宿泊ができます。

また、現地到着も、加算額が少ない便の中で、一番早い便を利用すると、13:55に米子に到着します。この時間に到着すれば、そのあとの時間を利用して観光もできます。また、夕日鑑賞もお天気によって左右されてしまいますが、予備日として1日、増やすことができます。

また、2人で宿泊すると割安かと思いましたが、ツインの部屋を選んだ場合には、一人で宿泊するのとほとんど変わらない金額となりました。

 

 

 ■複雑すぎて壁にぶつかる旅行計画

移動の交通費のことなどを考えると複雑で、次第にいやになってきてました。ところが救世主が現れました。パーフェクトチケットです。このチケット、出雲、松江あたりの旅行に強い味方となることがわかりました。そんなチケットが、特典として選べるツアーを販売する旅行会社がありました。それがANAスカイツアーズです。選べる特典、パーフェクトチケットの登場で、旅行計画が一気に進みだしました。(パーフェクトチケットの詳細はこちら⇒■縁結びパーフェクトチケット:松江・出雲・米子の旅の必需品
 

〇飛行機は割高ではない

当初、飛行機は割高になると決めつけていましたが、思ったよりもお手頃価格で、新幹線よりも安く¥36500/人(2泊3日の宿代含む) これは、お得と思ったのですが・・・・(ちなみにANA米子-羽田 1週間前の往復運賃は約56,000かかります)
 

〇中心部、観光地までの交通費がかかる

新幹線と料金的に変わらなくても、飛行機は、空港から中心部に移動する空港バスなどの交通費が加算されてしまいます。
 

〇利用空港で変わる、移動の時間と交通費

米子から出雲大社へも足を延ばす計画は、米子空港から出雲大社まで、交通費が2000~3000円(一畑電車かJRによって違います)かかり、時間も2時間半です。それを考えると、一気に出雲に行けるJAL出雲空港をと考えたくなります。
 
羽田ー米子(1時間15分)
羽田ー出雲(1時間25分) 10分の差しかありません。
 
ところが、米子空港から出雲までは2時間半。搭乗している時間の倍かかってしまう上、交通費も加わります。しかし、出雲空港は、松江、足立美術館を回るには、また戻らなくてはならずロスタイムが(この時、松江から出雲が36分で米子空港より近いことを知りませんでした)
 
そんな交通費部分を、フォローできるのがパーフェクトチケットです。
 

■パーフェクトチケット付きプランが、ANAスカイツアーズに

〇パーフェクトチケットが選べる特典のツアー

ANAスカイツアーズのプランの中に、5つの特典から一つ選ぶことができるというプランがありました。→島根・鳥取選べる特典付
特典の一つが、めちゃくちゃお得なパーフェクトチケット(当初、このチケットのメリットを全く理解しておらず、このツアー限定の特典かと思っていました。調べてみると、ツアー専用の特典ではなく、3000円で一般販売もされているチケットだとわかり、島根の旅には必需品となっていることが判明しました。)提携のバスや電車に自由に乗ることができて非常にお得。(JRは対象外)
 
3000円以上の価値を生むパーフェクトチケットが、ツアー代金に含まれているのは、ANAスカイツアーズだけでした。(私が調べた時は・・・)米子空港出雲大社の往復の料金だけでも4000円かかるので、それをこのチケットで利用できるとなると、かなりお得です。 (旅行から戻って、このツアーをANAの直販 スカイホリデーだとずっと勘違いしていました。)
 
ちなみに、利用したのは、4月~9月出発のプラン。10月からの予定は現在、ないそうですが、今後、出る可能性もあるとのこと。ちなみに、同じ特典で、4月前にも提供していたそうです。
 

〇2019年10月~2020年3月まで設定(追記:2019.10.10)

2019年10月現在、この旅行の設定を見ると。2020年3月まで予約を受けつけています。ちなみに、早割がなどがないかと思い、3月の料金を見たところ、春休みのためか、逆に価格は高くなっていました。最安値は、3泊4日で、33500円のようです。ツアーの場合は、早割などは特にないようです。
また、消費税アップの影響か、これまで追加料金のなかった時間帯の便が、すべて1000円の加算になっていました。
 

〇パーフェクトチケットについて ⇒移動

■縁結びパーフェクトチケット:松江・出雲・米子の旅の必需品 

下記のコンテンツを上記に移動しました

   ⇒パーフェクトチケットについて
 ⇒ぐるっと松江レイクライン1日乗車券の特典・・・3日間乗り降り獣
 ⇒施設入館料の割引・・・主要な施設の入館料、団体割引料金で
 ⇒パーフェクトチケットの購入&交換
 ⇒【ワンポイント情報】おすすめのチケットホルダー

 

 

 5つの選べる特典の中には、高いと言われる足立美術館の入館券(2300円)もあります。しかしながら、パーフェクトチケットのお得感には及びません。

以上のように5つの特典から一つを選べることなどを総合的に考えると、ANAのスカイツアーがベストな選択だと思われました。*8
 
最近、サービスが悪くなっていると言われるANA。今回はJALを利用してみようかなと思いながら、計画を立てていたのですが、JALのフリーツアーを利用すると、島根県内の交通費は、全て自分で支払いをしなければならないことがわかりました。ANAスカイツアーズのパーフェクトチケットをフル活用し、行きたいところに自由に足を延ばすことにしました。
 

【ワンポイント情報】ANAスカイツアーズ予約時の注意

*電話予約の時は、特典の付与は自己申告が基本

ANAスカイツアーの「選べる5つの特典」や、「座席指定の予約」は、基本、自己申告制であることが今回の申し込みで分かりました。申込時に申告を忘れると、恩恵にあずかれません。

電話予約の際は、こちらから、オプションは何を選択するか伝える必要があります。通常は、オペレーターの方も、何にするかを確認されているそうですが、あれこれ、質問をして聞いたりしているうちに失念されたようでした。

翌日、オプションを選択していないことを思い出し、追加をしていただくことができました。もし、それに気付かないまま、旅行後に気づいたとしても、権利放棄となり、その補償はされないとのことでした。

 

*電話予約の座席指定も自己申告が基本

座席指定については、聞いていただけましたが、基本は自己申請なのだそうです。(オンライン予約の場合は、選択画面が出てくるので、自分で自由に選ぶことができます。電話だと、おおまかな選択しかできません。が、オペレーターの方と話している時に、思い違いに気づいたり、なんらかの情報が得られることも多いので、逆行しますがあえて電話を利用しています)

 

*オンライン予約の特典選択は、チェックボックスをはずしてから選ぶ

5つのオプションを選ぶ際、初期設定では「砂丘フレンド3つの特典」のところにチェックが入っています。このチェックをはずさずに、パーフェクトチケットを選ぶ「オプション・プランの設定数が制限を超えました」という表示がされ、パーフェクトチケットを選ぶことができません。

当初、特典数に制限があり、神在月の影響で規定数を超えたため選択ができなくなってしまったと勘違いしてしまいました。

また、特典には「足立美術館」が入っていますが、時期によって選択ができないようです。混雑状況によって特典の制限があるようです。

 

 

■レンタカーは借りる?  借りない?

ANAJALもレンタカーのセットプランがあります。当初は、交通の便の悪いところなので、レンタカーを借りることも視野に入れていました。ところがANAのスカイホリデーツアーには、パーフェクトチケットがつくことがわかり、これを活用しない手はないと思って、借りないことにしました。

また、行きたい場所が、出雲大社、古代出雲歴史博物館/松江城 小泉八雲記念館 旧居 武家屋敷 島根県立博物館/足立美術館

実際にそこに行くと、興味に応じて、時間をかけたりかけなかったり。また1日に訪れる地域が集中しているので、レンタカーは必要ないと考えました。

瀬戸内芸術祭の豊島では、すべての作品をコンプリートするという目的があったり、滋賀の竹生島彦根あたりは、一日で移動する場所が何か所に分かれていたのでレンタカーは必需でしたが、今回は地域がまとまっているので、大丈夫だろうと判断。

 

 

■荷物はどうする? ⇒移動

■出雲大社・松江・足立美術館 荷物を預けて手ぶらで観光 - 

上記に移動しました。

 

■手荷物はどうする?

 

■便利な宿までお届け「手ぶら観光サービス」

このサービスを初めて知ったのは10年以上前、新神戸駅で見て、利用はしていないのですが、とても便利だと思いました。その後、行く先々にこのようなサービスがないか確認してきました。充実しているのは、やはり京都です。最近では、各地で行われるようになってきました。

これらの背景には、インバウンド需要を喚起するために、2014年頃から国交省が対策を始めた取り組みがあります。⇒物流:手ぶら観光の推進 - 国土交通省

  

観光協会に問い合わせ ⇒移動

下記に移動しました。

出雲・松江・足立美術館の旅の強い味方 観光協会を活用 

 

 

■島根の旅 関連記事

■2泊3日の島根の旅プランニング

あれこれ検討しながら、2泊3日の島根の旅は、下記のような行程になりました。

f:id:korokoroblog:20191011125437j:plain

戻ってきてから、googleMAPのタイムラインで確認すると、行動が詳細に把握できることがわかりました。そこから、時間を拾ったり、写真の撮影時刻から、時間を追った固行程表が下記のとおりです。
タイムラインの電車やバスの時刻は正確ではありませんでした。(おそらく、乗り込んだ時間、降りた時間が記録されているようです。)が、食事の時間など、大体の目安がわかります。ちなみに、松江城一帯の散策は、細かな記録はされていませんでした。いずれにしても、おおよその行動の概要が把握するにはとても便利です。
 
出雲・松江・足立美術館の旅、行程表

f:id:korokoroblog:20191011110441j:plain

 
 

■参考

 

  

■脚注・関連情報・補足

*1:サンライズ出雲の紹介 

お値段は、ちょっと割高感があります。

 ⇒参考:【サンライズの料金一覧】寝台料金と主な区間の運賃を分かりやすく解説

シングルデラックス 約29,000円
シングル      約23,000円

( ちなみに、このルート、JR東日本JR東海JR西日本の3つの会社を経由しています。飛行機は1社。そのため、料金が割高なのだとか)

 

 

 

 

 

*2:■フリープラン比較:JR東海ツアーズ

商品名 :WEBぷらっと【今ならこの価格!】 山陰・山陽・四国
出  発:2019年9月初 平日出発 2泊3日
旅行代金:81,600円
往 路 : 新横浜(06:11)⇒岡山 (09:04)
      岡山(10:04)⇒松江 12:40)
復 路 : 松江(15:58)⇒岡山(18:38)
      岡山(18:53)⇒新横浜(21:55)
宿 泊 :ホテル (松江から車10分)
部 屋 :シティーツイン(2名 定員)
食 事 : なし

 

*3:■フリープラン比較:赤い風船   

商品名 :JRで行くぶらり鳥取・島根 ぐるっと松江レイクレイン付
出  発:2019年9月平日出発 2泊3日
旅行代金:75,400円
往路 : 新横浜(06:49)⇒岡山(09:50)
     岡山(10:04)⇒松江(12:41)
復路 : 松江(15:58)⇒岡山(18:38)
     岡山(18:53)⇒新横浜(21:55)
宿泊 :松江ビジネスホテル

 

オプション 

足立美術館 その他松江市交通局 引換券
・松江レイクライン1日乗車券  その他倉吉観光マイス協会
・くらよしフィギュアミュージアムお散歩チケット その他倉吉観光マイス協会 
・湯~遊2デーパス

  

*4:■フリープラン比較:ANA旅作

商品名 :

出  発:2019年9月平日出発 2泊3日
旅行代金:75,400円
往路 : 羽田06:50- 米子08:05
復路 : 米子20:25- 羽田21:55
ホテル:スタンダード 禁煙洋室 ツイン2名1室利用 朝食付 2泊

 

*5:■フリープラン比較 ANAスカイツアーズ

商品名 :鳥取・島根 選べる特典付き
島根・鳥取を満喫♪選べる特典付!関東発 2泊3日
往路 : 羽田06:50- 08:05 復路: 米子20:25
出  発:2019年8月平日出発 2泊3日
旅行代金:75,400円 
ホテル:スタンダード 禁煙洋室 ツイン2名1室利用 朝食付 2泊

 
選べる嬉しい5つの特典付
ANA便はフライトマイルがたまる!(区間マイルの50%)
★空港は鳥取・米子・石見の3空港より自由に選択!
★ホテルは20以上の宿泊施設から1泊ごとの選択が可能!
★2019年9月30日帰着までご予約OK!

 

オプション(1つだけ選択)
  •  縁結びパーフェクトチケット
  •  砂の美術館 入館引換券
  •  ぐるっと松江 堀川めぐり 1日乗船券
  •  足立美術館 入館引換券
  •  石見エリア観光特典(往復又は片道石見便利用限定)
 
  ツアー詳細項目 
 

 

*6:■フリープラン比較 J-TRIP

商品名:
往路 : 羽田06:50- 08:05 復路: 米子20:25
出  発:2019年8月平日出発 2泊3日

往路 :羽田07:35- 出雲 08:55

復路 :出雲19:25- 羽田20:45 

ホテル:スタンダード 禁煙洋室 ツイン2名1室利用 朝食付 2泊

旅行代金:82000

 

*7:■フリープラン比較:JALダイナミックパッケージ予約https://domdp.jal.co.jp/jaldp/cpAutoOption/nextAutoOptionList

商品名:
出  発:2019年8月末平日出発 2泊3日
往路 :羽田07:35- 出雲 08:55
復路 :出雲16:45発→伊丹17:35着(乗継)
    伊丹19:30発→羽田20:40ホテル
ホテル:ビジネスホテルスタンダード 禁煙ダブル


 朝食付 2泊


旅行代金:114,200円