コロコロのアート 見て歩記&調べ歩記

美術鑑賞を通して感じたこと、考えたこと、調べたことを、過去と繋げて追記したりして変化を楽しむブログ 一枚の絵を深堀したり・・・ 

 >サントリー美術館

■狩野元信:四季花鳥図屏風(高精細画)

サントリー美術館の「天下を治めた絵師 狩野元信」で、きらびやかな金屏風が展示されていました。その金屏風は、ガラスケースには入っていません。どうやらレプリカのようですが、じっくり観察をしてみました。 ■レプリカを先入観なしに観察 〇描いたかのよ…

■天下を治めた絵師 狩野元信:狩野派の系譜とその周辺の絵画との関係

狩野派の系譜、初代正信がお手本にした水墨画の流れ、2代目元信が取り入れた土佐派、そして琳派や桃山画壇の画家に関する資料。 ■狩野派系譜 〇簡略図 〇狩野派の略図と流れ 〇狩野派の系譜 〇狩野派の形成 〇狩野派 系譜 wikipedhia ■室町水墨画の相関図 〇…

■天下を治めた絵師 狩野元信:元信に学ぶビジネス戦略

美術を見る効用として、最近は仕事にも生かせるという着眼点があるようです。歴史ブームなどもそんな影響があるのでしょうか? サントリー美術館で「天下を治めた絵師 狩野元信」が行われていますが、この展示はまさに、絵画をビジネスの戦略で主流派に仕立…

■サントリー美術館:神の宝の玉手箱《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》蓋裏 特別展示

国宝《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》蓋裏を再度公開とのこと。 期間:7月8日(土)~7月17日(月・祝) 蓋裏だけでなく、箱の中にも注目です! 国宝《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》が期間限定で蓋を開けた状態で展示が、6/26まで行われました。同時に体験型ミニレクチャーが…

■鈴木其一:夏秋渓流図屏風

現在、根津美術館で特別展「燕子花図と夏秋渓流図」が行われています。昨年、サントリー美術館で行われた鈴木其一展で、この《夏秋渓流図屏風》を見ました。館によって 展示の高さの違いがあったり、会期によっても変わったりと面白いことに気づきました。 …

■オルセー美術館特別協力 生誕170周年 エミール・ガレ展:ライティングの秘密

「エミール・ガレ」展 最終日。 17:30から山種美術館のブロガー内覧会があるので、その前に出かけてきました。何点か確認したかったことがあったのと、図書館で『ガレのガレ』ーエミールガレの神髄ー(紫紅社)の写真集を借りたところ、 今回出展されている…

■オルセー美術館特別協力 誕生170周年 エミール・ガレ展

サントリー美術館の「オルセー美術館特別協力 生誕170周年 エミール・ガレ展」に行ってきました。 5月の庭園美術館で行われた「ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉」展に2回、訪れていたのですが、それを書き留めることができないままとなり・・・・そ…

■鈴木其一 江戸琳派の旗手(食べログ日記INDEXへリンク)

■鈴木其一 江戸琳派の旗手:サントリー美術館〇鈴木其一 江戸琳派の旗手:《四季花鳥図屏風》私の一押し屏風 (2016/11/07)〇鈴木其一 江戸琳派の旗手:《風神雷神図襖》 (2016/11/07)〇鈴木其一 《風神雷神図屏風》鑑賞に向けて 3つの《風神雷神図屏風》 (2…