コロコロのアート 見て歩記&調べ歩記

美術鑑賞を通して感じたこと、考えたこと、調べたことを、過去と繋げて追記したりして変化を楽しむブログ 一枚の絵を深堀したり・・・ 

■MIHO MUSEUM:アクセス 石山駅からバス 観光案内所で割引券をゲット

石山駅からバスで50分という不便さ。さて、どのように行ったいいものやら・・・・ いろいろ交通手段を模索したのですが、やっぱりバスが一番、便利ということになりました。アクセスに関するちょっとした耳より情報を紹介します。

 

 

 ■石山駅からバス

MIHOミュージアムへの道のりは長い・・・・ 信楽の山奥にありアクセスはとっても大変。JR石山駅から帝産バスで50分となが~い、なが~い道のりとなります。ちょっとでも快適に過ごすためには・・・

  

石山駅 南口 

京都からJR琵琶湖線 で15分 石山駅改札        

f:id:korokoroblog:20170904205121j:plain

 

南口:改札を出て右方向です

f:id:korokoroblog:20170905014506j:plain

 

 

〇バス乗り場

▼3番:帝産湖南交通バス ミホミュージアム

f:id:korokoroblog:20170905014139j:plain

 

▼3番乗り場

f:id:korokoroblog:20170904205345j:plain

 

 

▼改札を出たら右:         南口 
                   ↓                  

f:id:korokoroblog:20170905015206j:plain

 

 

  ▼バス乗り場

f:id:korokoroblog:20170905014235j:plain

 

▼階段を下る

f:id:korokoroblog:20170905014328j:plain

 

▼3番乗り場:ミホミュージアム方面

f:id:korokoroblog:20170905015423j:plain

 

              3番乗り場 ↓

f:id:korokoroblog:20170905015933j:plain

 手前の列は別のバスの列なので注意

 

 

〇バス時刻

MIHO MUSEUM行き路線バス時刻表 - MIHO MUSEUM

 

〇料金

片道 大人\820 小人\410

 

パスモは使えません  

・後払い (おつりの精算機がないので小銭を用意)

・下車時、1000円札には、こんなおつりが準備されていました。

 

〇所要時間  50分 

 

 

〇始発バスの混雑状況

MIHO MUSEUM行のバスの始発は9:10

ほぼ満席状態ですが、立ったままの人はいませんでした。しかしながら、少し早めに到着していた方が安心です。10分前に列は長く伸びていました。

 

 

〇バスの座る座席

進行方向、右側に座るとよいでしょう。朝の日差しが直接あたらず、途中の景色もよいので写真撮影スポットもあります。

 

のどかな田園風景や…

瀬田川                  山あいに入っていきます

 

瀬田川沿いの風景、山並みは右側の座席の方が撮影もしやすいです。
左側に座ってしまうとバスの窓越しになってしまいます。

 

 

近江牛といえば松喜屋

瀬田唐橋を渡る手前には、近江牛で有名な松喜屋さんがありその前も通ります。

f:id:korokoroblog:20170905033054j:plain 

 

地元の方も、近江牛なら「松喜屋」と一押しされる老舗です。前日はレンタカーだったので、こちらでお食事をしましたが、瀬田唐橋でバスは止まります。MIHO MUSEUMの帰りの時間に合わせて予約を入れておくという手もあります。

 

 

石山駅コインロッカー

キャリーや旅行バックなど荷物がある場合は、石山駅のコインロッカーに預けると身軽です。バスの車内は狭く大きな荷物を置くと邪魔です。また山道なのでストッパーのないキャリーだときついかもしれません。

 

▼コインロッカーは、バス乗り場とは反対の北口

f:id:korokoroblog:20170905022045j:plain

 

セブンイレブンの奥にあります 階段を降りなくてよいので便利です

f:id:korokoroblog:20170905022330j:plain

 

▼大中小のロッカーがあります 8:45頃はまだ余裕がありました。

f:id:korokoroblog:20170904205526j:plain

 

▼規格サイズのスーツケースなら、横入れすれば中型ロッカーで入ります

f:id:korokoroblog:20170904205544j:plain

 

 

■観光案内所で割引チケットゲット

南口のバス乗り場の階段を下りずに、京阪石山駅方向に行くと石山駅観光案内所があります 。観光案内所があったら必ず立ち寄るはセオリーです(笑)

f:id:korokoroblog:20170905024131j:plain

 

 

f:id:korokoroblog:20170904205732j:plain

▲ここで100円引きの割引チケットを入手しました! 

 

 

■割引情報

〇割引券

▼MIHO MUSEUMからいつもとどけていただけるそうです。

f:id:korokoroblog:20170904205757j:plain

 

サントリー美術館の会員カード

提携割引で200円引きになります。ロッカーにあずけた荷物にカードを入れたままにしてしまったので、その恩恵にあずかれませんでした。持っている方は、お忘れなく!

 

チケット売り場で、割引対象のリストがありますので確認。 

 

 

■朝食、昼食の調達

朝食をとっていない場合は、駅の改札出口横にセブンイレブンがあります。南口に行くと、観光案内所横にベーカリーもありました。イートインもできます。(⇒デリカフェ・キッチン)(食べログ)  お昼のレストランが混雑して入れないこともあるようです。石山で調達しておくという手も・・・・

f:id:korokoroblog:20170905024050j:plain

 

 

■他の交通手段

乗り合いバスで50分というのはかなりきついと思い、他に交通手段がないか模索しました。京都からの日帰りツアーや、

東京方面から日帰り、ミホミュージアムと佐野美術館を回るものなどがあります。

f:id:korokoroblog:20170916195023p:plain

50+びわ湖アートめぐり ~MIHO MUSEUM・佐川美術館~

(9月はすでに一杯になっています)

 

滞在を予定していたので日帰りプランはNG。またミホミュージアムだけで1日過ごすことを考えるとツアーは断念。

 

レンタカーを借りることも検討しましたが、美術館以外に、どこか回るのならレンタカーでもよいのですが、一日、美術館で過ごすとなるともったない・・・・

 

タクシーを使ったとしたら、片道利用でレンタカー代と同じくらいかかってしまいます。往復したら、レンタカーを借りた方がお得。ということで、バスを利用しました。50分は長いと思っていましたが、自然の中を走っていくので、景色を見ながら気が付くと到着してしまいます。

 

ちなみに検討したものを紹介しておきます。

 

〇バスツアー

〇(なんば・梅田発着)たびコト塾講師・金尻恵と行く 美術館めぐり<滋賀・MIHOミュージアム 日帰り>(06K75)|阪急交通社

 

〇【F0021】<美術館めぐり>『MIHOミュージアム夏季特別展「雪村奇想の誕生」日帰り』

tour.club-t.com/vstour/WEB/web_tour3_tour_tmp.aspx?...TD...

ツアー・旅行のお申込ならクラブツーリズム

(会期が終了しているのでリンク切れしておりますが)

 

〇『日帰りバス MIHOミュージアム』 [信楽]のブログ・旅行記 by パタパタママさん

↑ 古い情報ですが、ツアーがあったようです。

 

MIHO MUSEUMに行くツアーが定期的にあるようです。

 

 

〇レンタカー 

12時間 7500円ほど

 

〇タクシー

¥7,170 ~ ¥7,490 

 

 

■ミホミュージアム前

バスを降りたその場所には傘が用意されていました。
日傘替わりに、雨の日は雨除けに・・・・

f:id:korokoroblog:20170905033443j:plain

 

▼ ←チケット売り場はこちら方向・・・

f:id:korokoroblog:20170905033538j:plain

 

 

■帰りのバス停

 

帰りのバス停は降りたバス停ではありませんので注意
エントランスを出て右側です。

 

最終のバスは17:14  
最終バスに人が集中し、積み残しを心配しましたが、大丈夫でした。全員、座れたようです。上の写真は10分ほど前の並びの状況です。ベンチに座ってバス待ちをしたい場合は、もう少し早めに到着するとよいでしょう。

 

美術館から、エントランスまでの時間もあるので、時間の余裕を見て・・・・

 

 

〇小腹のお供・・・・

始発のバスで到着し、最終のバスまで滞在。さらに帰りは約1時間のバス旅。お昼をとってから、小腹が空いてしまいそうと思い、小腹を満たすお供を携帯してました。

 

前日にクラブハリエのラコリーナで購入していた詰め合わせセットです。ラコリーナでしか扱われていないオリジナルアイテムを詰め合わせるというのは、かゆいところに手が届く商品ぞろえでした。なかなかおいしい! 

 

 

 

■まとめ 

石山駅は、「石山寺」や「寿長生(すない)の郷(叶匠寿庵)」などに行く拠点となる駅です。8年に訪れた時とは、すっかり変貌していました。駅のロッカーや食料、飲み物などの調達、観光案内所もあるので情報収集をしておくと便利です。