コロコロのアート 見て歩記&調べ歩記

美術鑑賞を通して感じたこと、考えたこと、調べたことを、過去と繋げて追記したりして変化を楽しむブログ 一枚の絵を深堀したり・・・ 

■新・北斎展:いつ行けばいい? 総数480点 会期は4期 お得な期間は? 

「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」が始まりました。展示作品はなんと480点。しかし一気に公開ではなく4期に分かれて展示されます。いったい、いつ行けばいいのでしょうか? 注目作品をよりたくさん見ることができるという点で調べてみました。

 

  • ■会期ごとの出展作品をまとめてみた
  • ■一番「注目作品」を多く見ることができる期間は?
  • ■見るポイント別に行く期を決める
  • ■どの作品をメインに見るかを探そう 
  • ■総合的に判断
  • ■展覧会そのものが希少

 

続きを読む

■浮世絵最強列伝:日本橋高島屋展で1月21日まで開催

日本橋高島屋にて「浮世絵最強列伝」が開催されております。会期は1月21日までと短期間です。アメリカの元軍人によって選ばれたコレクションの審美眼の高さは必見。初心者も上級者も満足させるラインナップは、浮世絵の歴史を体系的に学ぶ絶好の機会。

 

インターネットミュージアムに、レポートしました。

日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール
「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
| インターネットミュージアム

 

上記でご紹介できなかった、浮世絵の見方のコツなど、主催者から伺ったお話などを交えながら補足いたします。

*写真の掲載は許可をいただいております。 

 

  • ■リー・ダークスコレクションの特徴
  • ■昔、浮世絵はどうやって見た?
  • ■技法はキャプションで
    • 〇斜め下から見上げる
    • 〇摺物
  • ■技法の種類
    • 〇空摺 
    • 〇きめ出し
    • 〇雲母摺(きらずり) 
    • 〇正面摺 
  • ■ 見つけてみよう
  • ■展示構成 
    • 〇第1章 江戸浮世絵の誕生
    • 〇第2章 錦絵の創生と展開
    • 〇第3章 黄金期の名品
    • 〇第4章 精緻な摺物の流行とその他の諸相
    • 〇第5章 北斎の錦絵世界
    • 〇第6章 幕末歌川派の隆盛 
  • ■感想・雑感
  • ■追記
    • 【追記】2019.01.19  最強列伝の北斎は違う!
    • 【追記】2019.01.20 北斎版画のさらなる奥深さ
    • 【追記】2019.01.20 岳亭って何者?
    • 【追記】2019.01.20 魚屋北渓との再会
    • 【追記】2019.01.21 知らないけどこれすごい! があっちにもこっちに…
    • 【追記】2019.01.20 写楽がずらり並ぶ展示
    • 【追記】2019.01.21 初めて空摺を認識したのはこれでした 
  • ■開催要項 
  • ■参考
  • ■関連

 

続きを読む

■マルセル・デュシャンと日本美術:彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえもの第一印象

「美術は考えるんだ」というメッセージを残して終わったマルセル・デュシャンと日本美術」。この展覧会で見た難解な作品、通称「大ガラス」。最初に見た印象は、時間とともに薄れてしまいます。それを忘れないように今年のうちにメモ。見たあとに周辺の情報が加わり記憶が塗り替えられないうちに。

  • ■出会いは書籍の中
  • ■文字だけで想像してみた
  • ■思いがけず展覧会で遭遇 
  • ■現物をじっくり鑑賞
  • ■壁のヒントから読み解く
    • 〇チョコレート磨砕器
    • 〇裁縫糸で表現されたローラー《チョコレート磨砕器No2》
    • 〇チョコレート磨砕器を調べてみた
    • デュシャンの磨砕機は砕くことができる?
    • デュシャンはイメージを形していた?
    • 〇カカオ豆粉砕の歴史
    • 〇現代の石臼タイプのショコラミルの中に発見
    • 〇のちに撮影された「大ガラス」
  • ■タイトルの意味
    • 〇独身者は男性? 女性?
    • 〇英文タイトルは?
  • ■残されたさまざまな資料
    • 〇1932年のボックス 
    • 〇トランクの中の箱
    • 〇グリーン・ボックス 
  • ■関連
  • ■追記 
    • 〇(2019.01.02) 《大ガラス》展示の解説より
    • 〇(2019.01.02) 《大ガラス》作品タイトルについて(図録)
  • ■脚注

 

続きを読む

■千の技術博:「日本人は時間にルーズだった!」から広がる世界

「千の技術博」の展示で「日本人は時間にルーズだった」という一言に遭遇。どういうことなのかと江戸時代の時間を追って、科博の「日本館」と「地球館」を再度、探索してみたらいろいろ発見がありました。  

  •  ■「時を知る -時計-」の見学ルート
    • 〇 日本館1階南入口
    • 〇自然を見る技
    • 〇時計に関する展示のコーナーの位置は・・・・
    • 〇見学の順番があった!
    • 〇関連展示を見て深めよう
  • 不定時法と和時計
  • ■和時計
    • 〇常香盤(香時計)
    • 〇太鼓時計
    • 〇視実等象儀
    • 〇線香時計
  • ■和時計の原型
    • 〇掛時計
    • 〇櫓時計
    • 〇台時計 
    • 〇尺時計
    • 〇金沢では13分割の独自の時間が使われた
  • ■小型化
    • 〇枕時計 
  • ■多様化する和時計
    • 〇置時計
    • 〇硯屏時計 置時計 平面置時計
    • 〇卦算時計
    • 〇重力時計
  • ■自然の時計 
    • 日時計
    • 〇印籠時計
    • 〇「 懐中型置時計」「卓上時計」「懐中時計」など小型化 
    • 〇半球型日時計 水平日時計
  •  ■現代の時計産業へ
    • 国産化される時計
    • 〇掛時計への参入が増える
    • 〇愛知時計 分業による低価格化
    • 精工舎 内製化で品質を保つ
    • 〇懐中時計も国産化
    • 〇置時計
  • セイコーがクォーツ腕時計を開発
  • ■雑感・まとめ
  • ■関連サイト
  •  
  • ■地球館2階 からくり時計
  • ■構造
  • ■パネルの解説
  • ■匠の技
  • ■ビデオ解説
  • ■万年時計関連
  • ■脚注

 

続きを読む

■マルセル・デュシャンと日本美術:個人的アーカイブ

いろいろ話題を振りまいた「マルセル・デュシャンと日本美術」 「美術は考えるんだ」というテーマの元、いろいろな人がいろいろに感じ、発信したものから目にとまったものをピックアップしました。

 

 

 

続きを読む