コロコロのアート 見て歩記&調べ歩記

美術鑑賞を通して感じたこと、考えたこと、調べたことを、過去と繋げて追記したりして変化を楽しむブログ 一枚の絵を深堀したり・・・ 

■あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~ エリアレポートに掲載

インターネットミュージアム エリアレポートにて、「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」のブロガー内覧会レポートが掲載されました。

 ⇒静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画」 | インターネットミュージアム

以下は、今回の展示 メインビジュアル《老圃秋容図》についての補足説明です。

 

*写真撮影、掲載の許可を得ております。

 

  • ■これぞ沈南蘋!《老圃秋容図》をしっかり観察
    • 〇みどころ
    • 〇拡大して見ることができる!?
    • 〇虫が花の回りをかこみます
    • 〇細部の表現は? 
  • ■ゲスト・館長による展示の解説があります
  • ■関連

 

続きを読む

■「美術・博物館LED照明講座」に参加しました

東京国際フォーラムにてパナソニックによるSUPER BOX2017が、11/15~11/17まで行われました。その中で学芸員、当該設計者向けの「美術・博物館LED照明講座」が行われ参加させていただきました。

 

  • ■気になる赤の色
  • ■どうやって赤を見やすくしているの?
  • ■講義内容
    • 〇「美術・博物館のライティングについて」
    • 〇「パナソニック建築設備総合内覧会 SUPERBOX見学」
    • 〇「照明の測定」
  • ■基本知識を会場で
  • ■理想の照明とは?
  • ■新しい照明の解説について
  • ■照明は黒子?
  • ■照明の役割
  • ■パーソナル利用も可能?

 

続きを読む

■パリ・グラフィックロートレックとアートになった版画・ポスター展 「知識0からの鑑賞」

三菱一号館美術館で、「パリ グラフィックロートレックとアートになった版画・ポスター展」が開催されています。ブロガー内覧会が開催され参加させていただきました。しかし、ロートレックのことを知りません。そこで「知識0からの鑑賞」 会場でまず「何が目につくのか」というファーストインプレッションに沿ったレポートをしてみようと思います。

*掲載の写真は主催者の許可を得た上で撮影しております。

 

  • ■複雑な構造の三菱一号館美術館
  • ■30分の館内散策で目にとまったもの
    • 〇ここはどこ? パリの街並みが再現されてるみたい・・・
    • 〇音楽が聞こえてきました
    • 〇ここで頭に浮かんだキーワードは
    • 〇エリートの世界
    • 〇時代の背景 
    •  〇ここはどこ?(3階)
    • 〇フロアマップ発見!
    • 〇今は何の展示?
    • 〇浮世絵コーナーも2章!
  • ■企画の「章割」と「フロア割」
    • 〇展示作品を入口で導入に
    • 〇大型ポスターがなぜエリートのエリアに?
    • ゴッホの版画もエリートのコレクションカテゴリ
  • ■章構成
  • ■時代の息吹を反映するアート
  • ■イベント
  • ■展覧会概要 
  • ■関連サイト
    • 〇SNS関連
    • 〇ブログ
  • ■脚注

 

続きを読む

■都内4美術館合同 2018年開催企画展 合同記者発表

「追記」しました。2017.11.19 

  ⇒日曜美術館 「漱石先生 この絵はお嫌いですか?

             ~孤高の画家 木島櫻谷~

 

来年のことを言うと鬼が笑う・・・と言いますが、2018年に開催される都内の4美術館の合同記者発表が、パナソニック東京汐留ビル 5Fホールにて行われました。2018年に開催される企画展についての紹介がありました。

 

▲都内4館の館長

 

  • ■2018年 企画展示内容
  • ■勝手に気になった企画の見どころ紹介
  • 静嘉堂文庫美術館
    • 歌川国貞展 ~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち~
    • 酒器の美に酔う
    • ─ 明治150年記念 ─ 明治からの贈り物(仮題)
  • 泉屋博古館 分館
    • 特別展 木島櫻谷― ParrtⅠ 近代動物画の冒険
    • 特別展 木島櫻谷― ParrtⅡ 木島櫻谷の「四季連作屏風」+近代花鳥図屏風尽し
    • 【追記】2017.11.19 日曜美術館にて 「漱石先生 この絵はお嫌いですか ~孤高の画家 木島櫻谷~」
    • 特別展 狩野芳崖と四天王 ─ 近代日本画、もうひとつの水脈 ─ 
  • 泉屋博古館
    • 絵描きの筆ぐせ、腕くらべ ─ 住友コレクションの近代日本画
  • 東京ステーションギャラリー
  • パナソニック 汐留ミュージアム
    • ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯 ―
    • 創業100周年特別記念展 日本の四季 ─ 近代絵画の巨匠たち ─
    • 開館15周年 ルオー没後60年 特別企画展 いとも大いなるルオー        ─ 聖なる芸術とモデルニテ ─(仮称)

 

続きを読む

■表現への情熱 カンディンスキ―、ルオーと色の冒険者たち プレス内覧会レポート

「追記」しました(2017.11.18)

パナソニック汐留ミュージアムでは、「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」が10月17日より始まりました。それに先立ち、プレス内覧会が行われ参加させていただきました。見る前から気になっていたカンディンスキーの作品、会場で気になったルオーの作品、それぞれ一点を取り上げ、学芸員さんのお話しを交えて、レポートします。(2017.10.17)

*掲載した写真は、主催者の許可を得て撮影しております。

 

プレス内覧会の後、何度か訪れました。その時々で、いろいろ見え方や見方が変化しました。(【追記】で示しています)

  

  • カンディンスキーといえば・・・
  • カンディンスキーとルオーについて
  • ■時代背景
  • ■《商人たちの到着》(カンディンスキー)[1905年]
  • ■《法廷》(ルオー)[1909年]
    • 〇浮き上がる赤の衣服
    • 〇最新のライトによる効果
      • 【追記】2017.10.19 赤がはきり見える理由
      • 【追記】2017.10.24 赤がはきり見える原理
      • 【追記】2017.10.26 他の作品の赤はどう見えるのか
      • 【追記】2017.11.10 午前と夕方で見え方が違う
      • 【修正追記】2017.11.17 目の慣れによる見え方の違い
      • 【追記】2017.11.18 「美術・博物館LED照明講座」に参加
    • 〇暗闇も浮かび上がる
  • ■感想 まとめ
  • ■関連
  • ■ルオー関連(汐留ミュージアム)

 

続きを読む