コロコロのアート 見て歩記&調べ歩記

美術鑑賞を通して感じたこと、考えたこと、調べたことを、過去と繋げて追記したりして変化を楽しむブログ 一枚の絵を深堀したり・・・ 

■安藤忠雄:直島「南寺」 10年の時を経て視覚の仕組みを知る

安藤忠雄展」は18日までとなりました。展示の中で、直島のプロジェクトが紹介されています。安藤建築との出会いは、多分、2006年、直島訪問の時から。その時に見た南寺。そこでの体験が今につながり、安藤忠雄展「光の教会」の物の見方にもつながっていました。

 

以下は、「直島:家プロジェクト「南寺」 滞在中に3回鑑賞 改め実験」(2016/09/14)から転載、リライトしております。

 

*写真は、「安藤忠雄展」にて撮影可能なエリアで撮影したもの 展覧会とは関係のないテーマのブログ、SNSでも写真掲載可について確認済み

 

 

  • ■10年前に見た南寺
    • 〇最初に見た印象は、彼方へ
    • 〇暗闇から・・・
    • 〇不思議な世界の体験
    • 〇見るって何? 視覚は相対的なもの?
  • ■10年たって見たら・・・・
    • 〇見え方実験
    • 〇30分という待ち時間が、のちに思わぬ効果をもたらす
    • 〇鑑賞開始
    • 〇10年前と見え方が違う!
    • 〇内部散策
    • 〇演出が違う!?
    • 〇見え方の個人差
    • 〇10年前と見え方が違ったのはなぜ?
  • ■しつこく見学
    • 〇再度見て、その直後に見る
  • ■家プロジェクト作品鑑賞ツアー
    • 〇ベネッセハウス宿泊者専用のツアー
    • 〇ツアー参加者は3人
  • ■家プロジェクト作品鑑賞ツアーで2度目の鑑賞
    • 〇待つ時間も、鑑賞に影響を与える
    • 〇何度も体験している人にはどう見える?
    • 〇私が気づいたこと
  • ■直後の3回目は?
  • ■ANDOU MUSIUMで図面確認
  • 安藤忠雄展を見て(2017.12.11)

 

続きを読む

■安藤忠雄展:アラを探して下さい(音声ガイドより)

 

安藤忠雄展」 この手の展示は、回顧展が多い。まだ生きているうちにはあまり行わない 。これからがスタートと語る安藤忠雄は、音声ガイドで「アラがいっぱいある。それを探して下しさい」と語りました。

 

  • 安藤忠雄を知ったのは?
  • 安藤忠雄について耳にしたこと
    • 〇建築家に植物のことなんてわからない(2006)
    • 光の教会(2003)
    • 〇建築家の作った博物館は使いにくい(2015)
    •  〇コンクリート打ちっぱなしでワンパターン(2011)
    • 〇一緒に仕事をした業者は(2013)
    • 〇安藤事務所の人材は(2013)
  • ■私が感じたことは‥‥
    • 〇百段苑(2004?) 
    • 住吉の長屋(2005)
    • 〇コンクリートだけじゃないんだ(2006)  
    • 地中美術館(2006 2016)  
    • 〇地中に埋めるは安藤の十八番? (2005)
  • ■混雑状況
  • ■音声ガイド
  • ■見学計画
  • ■ガイドより
    • 〇最初から聞きながら見る?
    • 〇住みずらい建築の意図は?
    • 〇アラ探しせよ
    • 〇作る側、住まう側の体験
    • 〇「建築」は美術領域なのか?
  • 光の教会
  • ■図録のサイン 
  • ■最後に
  • ■参考
  • ■追記
    • (2017.12.12)建築はマテリアル
    • (2017.12.12)近代日本建築家の流れが知りたくなってきた

 

続きを読む

■twitterをはじめました

急に思いたって、twitterを始めました。SNSはしないつもりだったのに・・・ 時間がとられるだけと思っていたから。でも、あることがきっかけで気になり始めて、道具は使いよう・・・ 自分の目的に合わせて使えば使えるツールになるかも?

 

今朝、なぜか、やっぱり、twitter 始めよ! って急に思い立って設定してみました。

 

twitter.com



twitter、気にはなっていたのですが、そこには手は出さない。とずっと思っていたのですが、こんな記事を見て、気になりだしました。

kiku38d.hatenablog.jp

 

■気になる情報を集める

気になった情報を集めたい。twitterを見ていて、気になるつぶやきは、ブログ内にも貼り付けているいるのですが、なんとなく‥‥というのは、下書き状態でストックしたり。それも、結構、めんどくさい・・・ 情報収集だけtwitterを使ってすることってできないのかなぁ…

 

 

■再度、捜すのが大変

あそこのtwitterで、あんなこと言ってたんだけど、どこだったけ? こんなこと言ってた人いたけど、どこだったっけなぁ‥‥ それを改めて調べようとするとすっごい時間がかかる。なんとかならないものか…  

 

イイネをした情報だけを見るという使い方はできないのだろうか…

 

フォローをするとタイムラインで、いろんな情報が流れてくるらしい。でもそんなに情報はいらない。自分に必要なものだけストックできれば‥‥

 

twitterを情報収集ツールとして使う方法はないのか

ddnavi.com

そこでみつけたのがこちら。

 

Twitterで情報収集するためのコツをひとつあげるとすれば「7~8割を追えるくらいタイムラインをキープする」というものがあります。しかも、本当に読みたい人しかフォローしない。そして、残りの2~3割は捨てる。友人知人の付き合いなどがあって、まるっきりこのとおりにはいかないかもしれませんが、情報収集という観点ではこのくらいが最適ということですね。

 

興味ある情報をリリースしてもらえる方の情報でも、すべてを必要とはしない。自分が必要な情報だけをストックする。そんな使い方はできないのか…と模索していました。 

 

 

曜変天目情報探し

国宝展を見たあと曜変天目情報を探していて、以前、こんなこと言ってた人、いたんだけどなぁ… どこっだったっけ? もう探すの無理だわ‥‥

 

えい! とりあえず、twitter、使ってみよ‥‥ それから考えればいいわ。

 

ということで、今日、思い立って設置しました。そして、これまで気になってた「つぶやき」 ひととおり拾うことができたかな?

 

 

twitterを最初から情報収集ツールとしてとらえる使い方も多いらしい

aprico-media.com

 

最初から情報収集ツールとしての利用する人もいる。

 

そして発信ツールとしての利用。これはべつにいいや…と思っていたのですが、この前、酒井抱一のすっごい素敵な巻物をみつけました。こんなのみつけた~ これ、すごいよ! ってちょっとだけ言いたい欲求に‥‥ 

 

f:id:korokoroblog:20171207172756j:plain f:id:korokoroblog:20171207172706j:plain

 

f:id:korokoroblog:20171207172904j:plain

 

f:id:korokoroblog:20171207172954j:plain f:id:korokoroblog:20171207173039j:plain

▲ この蔓の曲線とかすごくないですか?

 

そしたら、それを紹介している人がいました。私も紹介したい! でもブログにわざわざ書くほどじゃないし。そんな時にtwitterがあると便利かも‥‥

 

そして、「リスト」なんて機能もあるらしいから、自分で集めたものをリスト化していけば‥‥ と思ったら、この機能はイメージしたものと違ったのですが…

 

思うままにイイネをすると、すぐごちゃごちゃになってきました。これをテーマ別に分けることはできないものかと只今、考え中‥‥

 

twitterというと、どうもフォロアー数やツイート数を競い合う風潮があるけども、そういうところから離れて、自分の目的に合わせて使えばいいんですよね。道具は使いよう…

 

■絵の見方:昼と夕方で見え方が違う!? 「カンディンスキ―、ルオーと色の冒険者たち」の一枚から

絵画鑑賞って難しいと感じる方は多いのではないでしょうか? 何を言いたいのかわからない。時代背景や画家のことを知らないと絵は理解できないと言われたりします。そんなことは抜きにして、同じ絵を「朝」と「夕方」で見たら違って見えました。いったいそれはなぜだったのか探ってみました。

 

  •  ■始めてみた時は真っ暗な闇の世界に‥‥
  • ■2度目に見たら、最初から人も見えて緑もはっきり
  • ■同じ絵の色が違って見えたのはなぜ?
    • 〇朝と夕方の照明が違う
    • 〇先入観で見えてしまう
    • 〇外光によって目の反応が違う
  • ■赤がよく見える最新照明だった
  • ■絵は見えない色が重なっている
  • ■最後に

 

続きを読む

■あこがれの明清絵画 館長によるギャラリートーク

 静嘉堂文庫美術館で行われている「あこがれの明清絵画」 会期は12月17日まで。館長によるギャラリートークに参加しました。館長のご専門は近世美術です。しかし中国絵画も大好きとおっしゃるギャラリートークは、熱がこもった楽しい時間でした。ブロガー内覧会で見逃した部分や、再訪した感想などを紹介します。

 

*掲載した写真は、ブロガー内覧会にて、許可のもと撮影したものです。

 

  • ■近代絵画専門の館長 しかし中国絵画にも並々ならない造詣が
  • ■ 館長によるギャラリートーク
  • ■「あこがれの」の意味は・・・
  • ■「静嘉堂」と「泉屋」の作品は似て非なるもの
  • ■中国と日本の違いは「益荒男」と「手弱女」
    • 〇何て読む? 意味、知ってる?
    • 〇語源は? どこからきた言葉?
  • ■中国と日本の比較
    • 〇一度見た先入観が影響
    • 〇展示替えで左右を逆転?
    • 〇模写には2つの方法がある
  • ■《老圃秋容図》(ろうほしゅうようず)
  • ■沈南蘋筆《老圃秋容図紛本》
    • 静嘉堂の展示は借物をしないが基本ですが
    • 〇猫が追うカミキリムシ 戯れる蜂 猫の毛並み
    • 〇原本との比較
    • 〇谷派との猫の違い
    • 〇猫のイメージ 今昔 
    • トロロアオイ(黄蜀葵)の表現
  • ■書にも注目
    • 〇見どころとしてあげられる「書」
    • 〇これまで受けた「書」の見方のレクチャー
    • 〇書は絵画?
    • 〇書画一致という東洋の考え方
    • 〇書いてあることがわかるとより理解ができる
  • ■書も書いた画家
  • ■花鳥図のデジャブ感
  • ■関連

 

続きを読む