コロコロのアート 見て歩記&調べ歩記

美術鑑賞を通して感じたこと、考えたこと、調べたことを、過去と繋げて追記したりして変化を楽しむブログ 一枚の絵を深堀したり・・・ 

■万国博覧会 と 内国勧業博覧会

万国博覧会と、日本の内国勧業博覧会の開催年と、その関係について、これまで見聞きした、「香蘭社」「深川製磁」「ガレ」「ドーム」の功績とともに一覧に。

 

 

続きを読む

■うるしの彩り―漆黒と金銀が織りなす美の世界(自分用メモ)

 

 泉屋博古館分館で行われている「うるしの彩り」で、講演会「漆器で愉しむ京(みやこ)の文化」が行われました。そのお話で気になったことや、調べたこと、過去の鑑賞とつなげた関連などランダムにメモ。

 

  • ■近代化の波 「京都」と「東京」の違い
  • 漆器関連の美術展のつながり 展示品の違い
  • ■展覧会の展示について
  • ■住友春翠について
  • ■宴の器
    • 謡曲をテーマに制作された漆器
    • 〇意匠は春翠の意向によるもの
    • 〇京都名所膳
    • 〇客をもてなす心
    • 〇時代を担う人たち
  • ■「内国勧業博覧会」から世界へ 
  • ■技法について覚書
    • 清朝皇帝の好みの共通性
  • ■つながり デジャブ感のあった作品
  • ■その他 覚書 
    • 〇能の楽器  
  • ■京都の近代漆芸を支えた人々
  • ■感想

 

続きを読む

■ポーラ美術館:「飯沼珠実―建築の瞬間/momentary architecture」

ポーラ美術館にて「飯沼珠実―建築の瞬間/momentary architecture」展が行われており、過日、「アーティストトーク」が行われました。新進気鋭のアーティスの生の声を聞ける機会は貴重です。その様子を紹介します。

 *写真の撮影は、自由にできます。

 

  • ■アーティストトーク開催
    • 〇リリース情報の写真は箱根の自然?
    • 〇これが建物の写真?
    • 〇霜柱は10年前にあったはず
    • 〇箱根といえば湯けむり
    • 〇はかなく消える自然の構造体
  • ■発想はどこから?
  • ■原点回帰
  • ■「森」という家に暮らす建物と人間
  • ■最後に 
  • ■感想

 

続きを読む

■ジョルジュブラック展:ジョルジュブラックとピカソの年譜

汐留ミュージアムで行われているジョルジュ・ブラック展」で、山田五郎さんの[「アートトーク」が行われました。「ジョルジュ・ブラックとは?」というお話をしていただき、ピカソと共に語られるキュビズムについて解説がありました。伺ったことを元に年譜にしながら、アートトークのお話をご紹介。

*写真の撮影は許可をいただいております。

 

 

続きを読む

■「落合陽一 、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」: 見えるまま、感じるままに・・・

「落合陽一 、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」を最初に見た印象は? 難解と言われる落合陽一のアート作品。予備知識を入れず、どこまで理解できるのか試してみました。(作品展が開催されているのを知るきっかけのブログをざっと見る程度の予備情報はあり)

*写真の撮影は自由です。

 

  • ■これが作品? イメージと違うと思ったら導入展示だった
  • ■カエルのお出迎え 
  • ■飛び込んできたのはモルフォ蝶 
  • ■目玉のオンパレード
    • 〇まつ毛が見える!
    • 〇あっ、カエルだ!
    • 〇これは何の目?
      • 【追記】(2018.06.05) 見て見られる関係
  • ■あの球体はベアリング!?
  • ■外界の変化 外界は生き物?
  • ■導入展示とつながる凹レンズ
  • ■画像はどこに結ばれる?
  • ■鯖と認識したら鯖にしか見えなくなる 
  • ■2度目に訪れてわかったこと

 

続きを読む