コロコロのアート 見て歩記&調べ歩記

美術鑑賞を通して感じたこと、考えたこと、調べたことを、過去と繋げて追記したりして変化を楽しむブログ 一枚の絵を深堀したり・・・ 

■サントリー美術館:《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》蓋裏 特別展示

国宝《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》が期間限定で蓋を開けた状態で展示が行われいます。残念ながら本日まで[6月21日~26日]。それと同時に体験型ミニレクチャーにも参加しました。浮線陵がどのように作られているのか、その技術の高さがより伝わってきます。

 

体験教室については 

 ⇒「神の宝の玉手箱」展 体験型ミニレクチャー
     「はじめてひらく 美のとびら」シリーズ:漆芸の巻 

 

  • ■浮線陵文
  • ■技法
  • ■《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》の裏・・・・
  • ■《秋野鹿蒔絵手箱》
  • ■一度目に見たものは、勘違いも多い
  • ■他の展示を見たあと理解が深まる
  • ■化粧道具 ヘアケア関連の疑問
  • ■参考

 

続きを読む

■2017年 鑑賞記録:覚書メモ

展覧会や講演会に行った際の、直後の感想メモ。ファーストインプレッションを忘れないうちに記録しておくためのメモ帳なので、ほとんど記憶だけで書いています。調べたり、まとめていると印象が変化してしまったり、そのまま記録せずに終わることも多いので直後の記録をここに残しておくことに。作品名の確認やメモを見返したりせず書いているので内容はっrあてになりません。ブログにするためのメモ的なものなので、情報はかなり曖昧なのであしからず。あまり公にしたくない話などはこちらに記載(新しいものを上に記載)日記がわりに利用

(⇒ をクリックするとブログ記事が表示されます)   

 

    ■2017年 訪れた美術展 講演会の記録 (行きたい) 

  

 

続きを読む

■ かおりを飾る〜 珠玉の香合・香炉展:どう見ればいいのか? 「かわいい」から「興味のあること」へ

静嘉堂文庫美術館で行われているかおりを飾る~ 珠玉の香合香炉展 」 これは、茶の湯に関連した「香」に関する展示ということらしいのですが、「茶の湯」に「香り」を楽しむというプロセスってありましたっけ? どうも腑におちない気持ちを持ちながらの鑑賞でした。

 

  • ■お茶の形だけを調べた時に・・・
    • 〇今は端折られてしまったらしい
    • 〇どうやって香を楽しんだのか
  • トークショーでの解説
    • 〇合子って?
    • 〇敷居の高い展示をどう見ればいいのか
  • ■香の文化史
  • 香道に関する予備知識
    • 〇ホテルの浴衣の模様
    • 〇香木を包んだ《柳図香包》
    • 庭園美術館 朝香宮艇のラジエターカバー
  • 吉野山蒔絵十種香道
    • 〇高蒔絵
    • 〇金貝技法
    • 〇江戸時代の女性の教養アイテム
    • 〇香合の道具
    • 〇源氏香図
  • 野々村仁清作品 
    • 〇《銹絵白鷺香炉》 
    • 〇色絵の仁清が・・・
    • 〇《色絵法螺貝香炉》
    • 〇仁清羽子板香合
    • 〇仁清蝸牛香合
  • ■資料:香道 香の歴史
  • ■香を楽しむ
  • ■関連

 

 

続きを読む

■静嘉堂文庫美術館:曜変天目茶碗を見た!(かおりを飾る〜 珠玉の香合・香炉展にて)

静嘉堂文庫美術館では「 かおりを飾る〜 珠玉の香合・香炉展」が行われています。茶の湯において香りを楽しむ道具に香炉、香合があります。それらの展示とともに曜変天目茶碗」が展示されています。ここは、花より団子、香合より曜変天目。ということでまずは、曜変天目茶碗について紹介したいと思います。

 

  • ■ブロガー内覧会 トークショー 
  • ■ 私のおすすめポイント
    • 〇茶碗の底をじっくり観察
    • 〇腰を25cm下げてみる
    • 〇腰をさらに下げて側面を周回してみる
    • 〇同じ位置で上下に移動させてみる
    • 〇離れてみる(ガラスケースの光の違いを見る)
    • 東博には東博の見せ方があった?
    • 〇近づいて拡大してみる
    • 〇物理の反応ととらえてみる
  • 曜変天目のレプリカ…ではありませんが
  • 曜変天目茶椀 大解剖
  • 曜変天目茶碗から聞こえる声?
  • ■アクセス
  • ■ワークショップもあります
  • ■関連

 

続きを読む

■静嘉堂文庫美術館:庭園散策(岩崎家玉川廟)

 静嘉堂文庫美術館国分寺から続く武蔵野の丘陵の豊かな自然の中に位置しています。美術品鑑賞もいいですが、庭園散策もまた別の楽しみがあります。シラサギが舞い降りるというサプライズや、ふかふかの土の感触を踏みしめながら、岩崎家の栄華だけではない、日本の文化を後世に残そうとした心に触れてみるの一興です。

 

  • ■岡本静嘉堂緑地にがある国分寺崖線について
  • ■岡本静嘉堂緑地について 
  • ■正門を入ったところの案内
  • 谷戸川にサギが!
    • 〇右手側
    • 〇左手側
    • 〇サギが生息する自然
    • 〇サギウォッチング
  • ■散策路と美術館ルートの分岐点
    • 〇美術館へのルート
  • ■散策ルート 
    • 〇入り口
    • 〇土の感触
    • 国分寺崖線解説
    • 〇岡本静嘉堂緑地解説
    • 〇急な階段
    • 〇岩崎家霊堂(岩崎家玉川廟)
    • 〇記念植樹
  • 静嘉堂文庫美術館 静嘉堂文庫
  • ■もう一つの庭園
  • ■関連

 

続きを読む