コロコロのアート 見て歩記&調べ歩記

美術鑑賞を通して感じたこと、考えたこと、調べたことを、過去と繋げて追記したりして変化を楽しむブログ 一枚の絵を深堀したり・・・ 

■表現への情熱 カンディンスキ―、ルオーと色の冒険者たち プレス内覧会レポート

汐留ミュージアムでは、「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」が10月17日より開催されます。それに先立ち、プレス内覧会がおこなわれ参加させていただきました。見る前に気になっていたことや、会場で気にかかったことなど、学芸員さんに伺ったお話しを交え、レポートします。

*掲載した写真は、主催者の許可を得て撮影しております。

 

 

 

続きを読む

■運慶展:金曜日の混雑状況と「 興福寺僧侶による運慶展ミニトーク」

 

東京国立博物館「運慶展」がなかなか好評のようで、朝から行列もできているようです。混雑を避けるには金曜、土曜日の時間延長の日がおすすめ。そして、金曜日には興福寺僧侶による運慶展ミニトークも行われています。合わせて会場の様子をレポートします。

 

  • ■混雑状況の事前調査 
  • ■「 興福寺僧侶による運慶展ミニトーク」開催
    • 〇参加チケット
    • 〇座席と退出の誘導
  • ■テレビ影響はいかに?
  • ■雨の影響は?
  • ■再入場可能
  • ■途中抜けして、本館の仏像(11)を見るべし!
    • 〇関連展示
    • 〇11彫刻コーナー
  • ■運慶を理解するには
    • 〇運慶の特徴
    • 平安時代の仏像を見るとより深まる
  • ■本館展示でより深い理解を
  • ■予習は必要
    • 金剛力士像を飾っちゃったの?!
    • 〇巨大な金剛力士像の秘密
    • 〇よりリアルな筋肉表現「龍燈鬼  ・ 天燈鬼」の作者は?
    • 〇何も考えずにただ見るだけ
    • 興福寺北円堂の再現
    • 〇運慶の作風の広さについて
    • 〇僧侶のトークに出てくる言葉
    • 〇出品作品紹介
    • 〇復習 新国立博物館 ライブラリーで(2017.10.17)
  • ■参考
  • ■脚注

 

続きを読む

■サントリー美術館「天下を治めた絵師 狩野元信」 本物とレプリカの比較

インターネットミュージアム エリアレポーターをはじめました。

 

   ⇒サントリー美術館「天下を治めた絵師 狩野元信」
                | インターネットミュージアム

 

上記に掲載されましたので、御覧いただけましたら幸いです。

 

今回、展示された《四季花鳥図》は、所有している大仙院から京都国立博物館へ作品が寄託され、大仙院にはレプリカが設置されています。一方、サントリー美術館でレプリカが展示された《四季花鳥図屏風》の本物はどこにあるのでしょうか? いい機会なので両方を見比べてみたいと思ったのですが・・・・

 

 

  • 大徳寺《四季花鳥図》のレプリカ
  • ■白鶴美術館 《四季花鳥図屏風》

 

続きを読む

■狩野元信:四季花鳥図屏風(高精細画)

サントリー美術館の「天下を治めた絵師 狩野元信」で、きらびやかな金屏風が展示されていました。その金屏風は、ガラスケースには入っていません。どうやらレプリカのようですが、じっくり観察をしてみました。
 
 
  • ■レプリカを先入観なしに観察
    • 〇描いたかのような着色
    • 〇金箔部分は?
    • 〇本物を展示できなかったのは?
    • 〇技術の向上?
  • ■作品の意味・位置づけ
    • 〇土佐派との関係
    • 〇特徴 
  • ■感想
  • ■関連 レプリカの鑑賞
 

■天下を治めた絵師 狩野元信:狩野派の系譜とその周辺の絵画との関係

狩野派の系譜、初代正信がお手本にした水墨画の流れ、2代目元信が取り入れた土佐派、そして琳派や桃山画壇の画家に関する資料。

 

  •  ■狩野派系譜
  • ■室町水墨画の相関図
  • ■土佐派の成立と流れ 
    • 【追記】2017.10.08  日曜美術館「目指せ!天下一の絵師集団~狩野元信」より
  • 室町時代の文化背景
    • 〇北山文化
    • 〇東山文化
  • ■北山文化 東山文化比較
  • 室町時代から江戸経た絵画の系譜
  • ■室町・桃山・江戸の絵画系図
    • 【追記】2017.10.09 たらし込みと琳派 中国画の関係
  • 狩野派を学んだ絵師

 

続きを読む