コロコロのアート 見て歩記&調べ歩記

美術鑑賞を通して感じたこと、考えたこと、調べたことを、過去と繋げて追記したりして変化を楽しむブログ 一枚の絵を深堀したり・・・ 

 >ポーラ美術館

■エミール・ガレ 自然の蒐集:Sheageに紹介しました & 流 麻二果の個展『色を追う/Tracing the Colors』

Sheageに、ポーラ美術館で行われている「エミール・ガレ 自然の蒐集」の記事を書きました。ガレは晩年、海の生物に興味を持ち、それらをモチーフにした作品を制作しています。海の生き物にスポットをあててレポートしていますので御覧いただけましたら幸いで…

■エミール・ガレ 自然の蒐集:ちょっとマニアックな見どころポイント

ポーラ美術館「エミール・ガレ 自然の蒐集」で展示されている作品の、個人的な「一押し作品」や「見どころポイント」を紹介します。じっくり見れば見るほど、深みがあって、新たな発見と出会える作品です。ガレの世界観を味わって下さい。 *撮影は可能です…

■エミール・ガレ 自然の蒐集:箱根の森と、ガレ作品「森」のフォトコレクション

「エミール・ガレ 自然の蒐集」では、「森」と「海」にスポットをあてた展示が行われています。ポーラ美術館が位置する箱根の大自然と、ガレの作品。ガレが見ていた世界を実際に体験しながら鑑賞できる、またとない展示です。 *撮影は可能ですが、撮影禁止…

■エミール・ガレ 自然の蒐集:博物学的知見に基づく作品作り

ポーラ美術館では「エミール・ガレ 自然の蒐集」が、2018年3月17日から始まりました。今回の展示は、ガレの博物学的な部分にスポットが当てられています。下田海中水族館とのコラボ企画や東京大学総合研究博物館が監修した展示もあり、ガレの博物学的な造詣…

■ポーラ美術館:ギャラリートークはタスキリレーの駅伝スタイル(前半)

今年で14回を迎える新春名物ともなった、ポーラ美術館の「ギャラリートーク駅伝」 箱根駅伝同様、10区間に分け、6人の学芸員さんがタスキをつないでいきます。10区間を、6人で走破ということは、4人の方が2区間担当します。10時に始まり、走行時間は30分…